小さな日記

季節が早く進行している今年は、その後ネモフィラの季節も、芝桜の季節も、バラの季節もすべて半月以上早くやってきて、美しい6月も半ばにして終盤を迎えています。

5月は耳鳴りも下火となり、スマホゲームから足を洗い、早寝早起きの実践で体も健康的になり、スタートをしましたが、その後は付きまとう陰に心乱され脅かされて日々を過ごしました。

そして、それはまだ現在進行形ではありますが、少し息継ぎの時を与えられてこの場にいます。経過を少し・・・

1月の健康診断の胸部レントゲンで要精密検査となり、CTを1ヵ月おきに3回撮り経過を見ても消えない陰によって肺がんを疑われ、初めの病院ではこの時点で、手術的に陰の部分を取って調べることを提案された。検査と言っても手術という現実に納得がいかず、東京の病院に転院を決意。紹介状を書いてもらい、5月半ばに初診のあとは、迅速に手術でない検査をすることができた。まず、Pet検査。しかしこの結果に衝撃。陰影のところに色がついていたから。続いて、気管支鏡検査。この検査は以前はとても苦しい検査だといわれており、また確実なものではないと前の病院では言っていたが、こちらの病院では、9割方採取できるし特定できるということで、病名確定するべく1泊入院で行った。ちなみに、麻酔と鎮静剤をうまく使うからか苦しいこともなく、半眠り状態で、今となってはあまり覚えていない。昨日その結果を聞きに行った。俎板の鯉で逃げられないという思いに反して、結果は意外なものだった。確実に細胞は採取できたがそれらしきものは出てこなかったので肺がんではないとのこと。それは一先ずうれしいことではあるが、では何?という問題が残る。先生は、リンパ腫を疑っているとのこと。それの確定検査として、初めの病院が提示した、手術的検査を今提案されている。今なら、手術検査も納得できるし、手術そのものへの信頼も持てている。

IMG_7909

2人に1人はがんになる時代と聞いてはいましたが、真剣に思いに取り入れたことはありませんでした。年をとったら何かしらの病気が出てくるのが大多数だからこそ、皆さん気を付けて努力して健康な一握りになるべく努力していることに今更ながら気づかされました。そして、それでも老いはさけられないし、物事には終着点があることを現実的にリアルに今感じています。

私の役目的には、あと2,3することが残っていてそれを果たしたい思いと、その他は、自分の終活として一番に取り掛かりたいのが物の整理です。無駄なものを手放し、途中のものは仕上げる。10年後にやればいいという気分ではなくなりました。

 

 

広告

関東地方でも4月初めにもう満開になった桜、いくら東北といえども4月中旬ではもう遅いのではと思い始めたときは、3月に申し込んだ一泊ツアーの無料キャンセル期間を過ぎていました。

まあ8景を楽しむツアーだからどこかは咲いているでしょうと思い直しその日楽しみにしていた4月5日ごろ、今度は私の体に異変が・・・。厳密には耳…耳鳴りと難聴。翌週には4回、2か所に通院し、5種類の薬を飲むも顕著には改善なし。ツアー気分もなくなり、キャンセルモードに1回はなりましたが、結果キャンセルしそびれて当日を迎えました。

バスツアー、意外と満席にて出発。「どれぐらい咲いていると思う?もう期待してない?」と笑いをとるガイドさんの言葉とともにスタート。続いて「花見ツアーは、今回の皆さんが今年は最後です。あとのツアーは全部中止になりました」と聞いて、何やら複雑な気持ちに…、皆さんなったと思います。

今回訪れたのは、みちのく福島です。私にとって文字通り未知の国。地震原発事故によって場所だけはわかるようになったというところ。

IMG_77381日目は、その原発に近い福島市中通近くの三春滝桜と花見山の2か所。どちらも桜としてはもう落花しきりという状態でしたが、お天気に恵まれたこともあり、三春滝桜では樹齢1,000年ともいわれる紅枝垂桜の枝ぶりが見事でまわりの菜の花となかなかいい雰囲気を醸し出していました。

花見山は、個人所有の山ということですが桜以外にも様々な花があるので、今回はレンギョウとボケの花、それと春紅葉がきれいでした。

 

IMG_7797しかし、裏磐梯桧原の宿泊ホテの周辺はまだ雪が積もっていました。だからか、2日目の鑑賞予定、第一番の桜峠というところでは桜はまだつぼみで、その下の水芭蕉だけが咲いているというまだ早春の季節でした。

IMG_7803

二日目は、会津若松市の桜です。ハズレ3箇所のあとに、ようやくみちのくの桜に出会うことができました。

その1、日中線のシダレザクラ。

その2、鶴ヶ城(会津若松城)

その3(3か所)、会津鉄道 芦ノ牧温泉駅(猫の駅長がいる駅)

湯之上温泉駅(藁ぶき屋根の駅舎)

IMG_7884

 

二日間を過ぎれば、なかなか知らないところの桜に季節を逆戻りして出会えて、満足のできる旅でした。疲労はしたけど大きな気分転換ができたと思います。

 

 

 

今年は桜が満開になってから、晴れて暖かい日が長く続くおかげで、桜を長く楽しめています。

先週末は神奈川の桜、あちこちを堪能しました。

まず、地元の穴場スポットでしょうか?パークゴルフ場隣りに、絶好の花見エリアがありました。下を見下ろすと、バス路線があるものの普段はあまり来ない場所。遠くに来た気分になりました。

次は、隣の秦野市の桜並木が5kmに渡り続く道路。新聞にも出ていましたが、花で埋め尽くされた桜並木が車で走っても長く感じられました。

そして、この日の目的地の桜は、山北町の桜。ちょうどこの日は、山北桜祭りの日でした。JR御殿場線御殿場駅、山北鉄道公園を中心ににぎやかに開催されていました。こちらも、新聞で紹介されるなどある程度有名な桜スポットですが、今回初めて行くことができました。

 

久しぶりで出かけた花菜ガーデン。はなももも同時に咲いて春爛漫です。

IMG_7714

IMG_7625東京の桜が満開になった先日、上野の東京都美術館で開催している、ブリューゲル展に出かけました。

久しぶりの東京のお出かけ。上野東京ラインで上野まで行くのも初めてのことで、東京の次に上野駅というのは便利と実感しました。お昼ごろの上野駅は人、人、人。桜の季節、美術館の展示、パンダと様々なものがあるから仕方ありません。

目的の東京都美術館は奥の方、動物園の隣辺りにあります。

ブリューゲルと言って私が思い出すのは、「雪中の狩人」という作品でしたが、今回展覧会を見て16、17世紀辺りの西洋美術の世界が、一気に頭に入り、魅了されました。夫が二人分のチケットを持っていたことで、たまたま出かけ下調べも無かったわけですが、このブリューゲル展は、ブリューゲル一族150年の系譜を見せるもので、4世代にわたり続く画家一族の物語が、絵とともに紹介されていました。

IMG_7617初代の絵がどのように受け継がれ、変化して行ったかは大変興味深いものでした。

初代ピーテル・ブリューゲル1世は、自分の師匠の娘と結婚し、その長男はピーテル2世、次男はヤン1世、そしてヤン1世の子どものヤン2世、この4人が主な人で、その周辺の子ども、孫ひ孫合わせて9人の作品が展示されていました。

ピーテル2世は印刷技術のない時代に、父の絵の模写を大量に行って画風を広めた人、ヤン1世は花の絵などを描き「花のブリューゲル」と呼ばれ、その子どもたちもそうした環境の中で、様々な作品を残しています。宗教画、自然の風景、花の絵、農民の暮らしの風景などに分けられます。

代表作品のバベルの塔、雪中の狩人は今回見られませんでしたが、雰囲気の違うバベルの塔、雪中の狩人風の作品はありました。

IMG_7633背景部分と手前とを別の人が書いた合作というのも興味深く、その作品と「鳥罠」という作品の絵ハガキを記念に購入しました。

 

ブリューゲルは、今のベルギーに当たる、当時のネーデルランドの南の方、フランドル地方の画家ということですが、150年にわたって活躍した一族の画風は、ほかの画家にも影響を与えたようです。遅めの昼食をとったあと、もう1つの目的である、西洋美術館の常設展示を見て思ったことです。

IMG_7628

建物が世界遺産となった西洋美術館、今はプラド展が企画展示としてやっていますが、もしこちらに来たとしたら常設展示はおまけ的な気分だったかもしれませんが、ここの常設展示の広いこと。西洋美術の数々が展示されていて、圧倒されました。ブリューゲルで西洋美術の造詣がちょっと深まったところで見たので、興味深く堪能できましたが、短時間ではなかなか消化できない内容でした。

ちなみに第4土曜日は常設展示は無料ということで、今回入りました。

 

IMG_7621

傘で絵を描く人

 

 

IMG_7624

上野公園の桜は、数年前に見に来たことがあり、今回は特に回りませんでしたが、実はこの時、満開とは知りませんでした。8分咲きぐらいかと…。西洋美術館横の桜は確かに満開でしたが。

今年は桜が早いようで、近場の桜も満開。今週末でなく、来週末予定されている桜祭りはどうなることかと思うこの頃です。

おそろしく今年は花粉の飛散量が多いということなので、家の中にこもるイレギュラーな暮らしは却ってよかったなと思いながら、今過ごしています。

先月末に、足の裏の粉瘤というしこりのようなものの撤去手術をしました。当初1週間弱の入院をと大層なことを言われてたので、日帰りとなっても、大事をとって今のんびり生活となっています。

このほかにも1月の健康診断でひかかったものもあり、随時自分のケアをしなくてはならない身となってしまいましたが、同時に大阪の母のことも、第2、第3の展開を迎えました。

1月に母が退院した時には入院後のサポートに大阪出かけました。その時の母は病院での衰えに比らべ戻ってからはどうにか元の暮らしができそうで安堵しました。ヘルパーさんにお昼1時間毎日来てもらい食事は朝昼はパンなどの定型食、夜は宅配弁当の減塩のものなどにし、家事の軽減をはかりました。そして兄の勧めで以前から検討していた補聴器の調整にもとりかかりました。

しかし、兄の帰宅が少し遅くなったちょうどその時に、再びアクシデントで今度はベッドから立ち上がれないくらいになってしまったので、相談の結果ヘルパーを頼んでいるところの提携するサービス付き高齢者向け住宅に入居することになりました。

兄が北海道に帰る予定の数日前の出来事で、交代に私が大阪に行くことを予定していたこともあり、母のホームでの生活のスタートに寄り添うこととなりました。18㎡の居室にはレンタルのベッドと車いす以外は何もない状態で、最低限の寝具と衣類を入所時に持ち込んだだけでしたので、生活しやすい道具を1週間かけて揃えました。私1人では手持ちできるものにかぎられるので、ニトリと百均を巡り取り揃えました。

老人介護施設は色々あり、今までいくら聞いても違いがしっくり頭に入らなったのですが、今回母がお世話になることになり、急に理解が深まりました。家で一人になる時間に不安を感じていた母は定期的な見守りと食事のサービスや生活援助をしてもらえることに安心を感じたようでまずは気に入っていることが伺えました。

母は入所当初は、助けなしには起き上がれないくらいでしたが、ほどなく起き上がれるようになり、車いすを持って立ち上がれるようになり、それを押し車にして歩き、室内のトイレにも行けるようになったのには驚きでした。

働きの悪くなった頭の方も、先の入院中購入し当時はなかなか取れなかった携帯電話が、ボタンを押して耳に当てる操作ができるようになりました。おかげで、こちらに戻った今、また時間を決めて母と会話することができています。

このように、もうすぐ春ですが、自分の検査結果がまずまずならば、今月も中ばに大阪の母のところへ行く予定。今までとは違った春を迎えています。

IMG_7521

孫の幼稚園の祖父母参加という行事に出かけました。

孫のYちゃんは、昨年の春に2年保育の幼稚園に入園し、毎日元気に登園しています。これまでに、親子参観の日にYちゃんの妹のNちゃんの子守りに行ったり、保育発表会を見に行ったりで、何回か幼稚園に行く機会はありました。

今回は、家から祖父母と園児で登園し、2時間ほど祖父母を交えたプログラムで過ごすという企画です。4人の祖父母のうち都合がつくのは私だけなので、是非参加したいと思い楽しみにしていました。

手をつないで、徒歩10分ほどの道を孫と行くのは、とてもデリシャスな時間でした。孫はもう5歳。どんどん成長していく活力がやはり眩しく、つなぐ手は温かく、話す言葉には小さな世界に生きる知性を感じました。

IMG_7532

園では、出席点呼までにすることのお約束が10項目ぐらいあり、それが出来たら座るらしく、3学期ということで皆さん難なくこなしていました。先生は3人。出席点呼で27人、3人が欠席で30人のクラスです…とさりげなく数字に親しませたり、時計の針にも意識を向けさせたり。

孫と遊ぶ時間、その後お茶をいただき、祖父母と孫の一組でみんなと交流の時間があり、太極拳の体操、孫たちの歌の披露、とどれも孫の成長を身近に感じることのできる企画でした。

IMG_7531

いい企画を用意してくださった園の方々に感謝です。

2018年、年が明けて早半月が経ちました。

年末の27日に、大阪の母が急に入院することになりました。その日は同居中の兄が年末年始を自分の家族と過ごすために北海道に出発した日でした。

兄が戻るのは1月8日。その日まで母は、元の一人暮らしになるので、年末年始辺りを次女が、5日から8日までは、私が行く計画をしていました。途中何日か一人の時もあるけど、毎晩の電話もあるし、大丈夫と思っていました。

しかし、多分きっと、母は不安に思っていたのだと思います。

エレベーターで蹲り、立てなくなったところを、近所の人に助けられて、家まで連れて帰ってもらったけど、近所の人が心配して救急に連絡し、結果入院となったのです。

病院は立てなくなったくらいでは帰らされてしまうところですが、母の場合、まずインフルエンザ陽性と言われ、ほかにも悪い結果が出て入院になりました。入院は、兄と私のところに知らされることとなり、電話で逐一検査の結果が報告されました。心不全の兆候があり、起こりえる悪いことは色々あるように言われ、まさに青天の霹靂でした。

北海道の兄は急には戻れなく、私も翌日に飛んで行くわけにもいかない事情もありました。

それで三日後の30日の朝一番で出かけることにし、二日間でこちらのお正月準備と、向こうの準備あれこれをして出発しました。これが、始まりです。

これ以前とこの後では、母の何かが違ってきたように思えます。病院というところが、それを引き出したように思えますが、多分徐々に母の変化は起きていたのかもしれません。母も私も兄も、それを気付きながら、正常性バイアスが働いて、認めていなかっただけで。

重篤な病状のように言われ、インフルエンザのこともあり、集中治療室に近い個室に入っていた母は、意外と元気で、座る元気もありましたが、とにかく家に帰ると言って周りを困らせていました。私と話をするとかなり落ち着いて、それは言わなくなったのですが、次のポイントとして、もともと弱かった足が本当に動かなそうになっていたこと、母の聴力がかなり衰えていることに加えて、認知機能が下がっていることが心配でした。

IMG_7517家から、毎日つけている「主婦日記」、雑誌、ラジオ、またお絵かきノート、折り紙などを持って行くと、少し意欲は見せますが、以前との隔たりを感じました。

話ができるように、携帯電話を新たに契約して持っていきましたが、簡単な操作がしっかり身につかないし、指の力も足りない状況。

年末には次女も予定通り来て、2日に私も一緒に帰る予定にしていた私は、事態を理解していなかったようです。この日を敏感に察した母の心に大きな乱れがあり、私は帰るのを思いとどまりました。その後は、8日に兄に引き継ぐまで、母を見守るつもりで。

帰らないでよかったと本当に思いました。病院でじっくり付き添わなければわからないことは沢山ありましたし、実家の住まいの方もより整えることができたからです。(母は病室で89歳の誕生日を迎えました)

予定通り、兄に引き継ぐことができ、9日に関東の我が家に戻りました。関西と関東は、静岡構造線辺りで、本当に変わると思います。冬の関東は澄みきった冬晴れの中、凛とそびえる富士山が眩しいところです。自分の街の駅で降りて家路に着く道中がすべてお話のようにすてきだなと思いながら帰りました。

IMG_7523

毎晩かけていた母との電話は、今は兄と、母の様子を話すようになりました。

母の退院のスタイルを、今模索中です。その時にはまた母の娘が参上して、役に立ちたいと考えています。

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。