小さな日記

8月後半は、台風がいくつも日本列島をおそい、9月に入ってからも今度は、九州の方に向かう台風があります。台風の予想ができるようになっていても、その時が来るまで、どの程度の被害になるかがわからず、今回もあっという間に事態が進んで被害を防ぐことができなかったことが報じられていて、無力さを思わずにはにはいられません。

9月は、防災月といわれますが、うちの自治会では一足早く、先週防災訓練が行われました。一応、全戸が対象ですが、実質その年の当番(組長)が主に参加します。うちの組は6件であり、そのうち1件はご高齢なので、5年に1回は当番が回ってきます。5年前に参加したのが、ついこの前のようですが、今回も朝、8時40分に家を出るところから参加しました。

1、近くの公園に集合(災害の時にもまずココなのでしょう)あらかじめ配布されているヘルメットとホイッスルを持って。

2、点呼ののち、並んで避難場所の小学校まで移動。

3、小学校の広場で、3つに分かれて防災の指導があり、どれも役立つことでした。

image ①消火器の説明、使い方訓練・・・消火器は、5kg位あり重い。人の背丈の炎を消すことができる。連続15秒しか使えず、1回レバーをつかむと出続けるものと、止めたりできるものと2種類ある。使い方は、安全ピンをはずし、ホースをのばしてレバーをにぎるだけ。5mくらい離れて、炎の根元にホースをへびのようにゆらしながら注ぐ。

今回は消火器の中身を水に変えて、順に全員体験しました。「火事だ!119番お願いします」と叫んでから、行います。咄嗟になると119が出てこなかったりするそうです。

消火器は、1個あるとよいが、1万円弱の価格なので、手軽なスプレータイプ千円くらいのものもあるということでした。また、公道には、何メートルおきかに消火器が設置してあるので確認するといいということでした。

②次に、防災ボランティア団体による指導・・・今回は、段ボールトイレの作り方、バスタオルを利用した防災頭巾の紹介、三角巾を使った怪我の手当ての仕方。どれも、アイデアがすばらしいと感心しました。三角巾は前回も講習受けましたが、今回でようやく印象付けられました。

③起震車体験・・・震度7を体験するということでしたが、立っていられないということがよくわかりました。机の脚につかまって体を維持するのがやっとでした。

image

 

今回は、いろいろ勉強にも、刺激にもなったので、この記憶のあるうちに、防災品の備え、点検ができればと思っています。

 

家の裏庭に大きく成長し、近年大きな果実をつけるようになったイチジクは、昨年一昨年と、カミキリムシにやられているとみられる幹の樹液の様子から、今年の春に地上から50㎝くらいの丈のところで幹を切ってしまいました。そのときに、幹にはやはり大きな穴が開いていて、その判断は正しかったと思いました。

imageカミキリムシという名前は、子どものころ昆虫図鑑で見たイメージはあるものの、実際にはほとんど見た記憶がありません。しかし、カブトムシ、クワガタムシのイメージの続きでそんなに毛嫌いするほどではありませんでした。

そのカミキリムシですが、切り倒したあとの幹にしばらくすると姿をあらわしました。ゴキブリほどではないけれどガラス越しにながめても気持ちのいいものではありませんでした。

その後、イチジクはやはりとても勢いのある木でしたので、残りの幹から細かい枝やらがたくさん出て、いくつかは残しておいたら、そのうちの2本は庭を這うように大きな枝になり、大きな葉っぱも付けました。初夏のころはそれも新緑でいいのですが、8月にもなればただの鬱蒼とした藪、虫の巣窟と化してしまって、早く切ってしまいたいという状況になっていました。もちろん、目を凝らすと、かのカミキリムシがそこかしこに居座っていますし。

今朝は、猛暑の朝に比べ涼しい朝で、雲が広がって、家事を終えた9時台はまだ穏やかな庭でしたので、チャンスと思い、しかし腕カバーと、長靴をはいて庭に下り立ちました。水やりもしばらくしていなかったので、申し訳なくまず水やりから。それから、イチジクの剪定に。

そこかしこにカミキリムシのくっついた葉を切り取り、気にせずゴミ袋に詰めていきます。と言っても、合計10匹いるかいないかですが(目に留まったのは、5~6匹ぐらい)。さて、そのうちの一匹が危険を感じたのか私の手元近くに来た時に飛び始めました。カミキリが飛ぶとは!すばやく、イチジクの葉で応戦したら姿が見えなくなりました。

その他の草木もある程度きれいにし、野の百合を切ったりしていたら、左肩の服の内側が少しチクッと。異物混入といった感触。さわってみたら、やはり何か小さなものが感じられます。この状況からは、植物か、虫かのどちらかが頭をよぎりました。

室内の玄関まで来て、それを取り出したたきに捨てることにしましたが、8割植物と言い聞かせ、もし昆虫なら気づいた時点で気力持たないと思い、一気にその行動に出ましたところ、何と、それは小さなカミキリムシだったのです。まだ足をばたつかせていたので、残る気力をふりしぼり、サンダルで玄関の外に追い出しました。

振り返って、妥当な判断で追い出せてよかったと思いつつ、心のケア必要だわと、その後は心休まる午後を過ごし中です。

image見事に咲いた野の百合には、外もいいかもしれないけど、この度は家の中でその美しさを楽しませてもらっています。

 

昨日お昼に外出から帰ると、夫が何やら電話していて、私の顔を見るなり玄関先の家の横の路地を見るように促しました。

見てみると、エコキュートの室外機の真下の地面が水浸しで、近づくとシャーシャ―と音がしています。水漏れです。それで、夫はエコキュートの下でもあることからメーカーに電話したということでした。夫曰く、今この場所を確認したが、音はもうだいぶ前にも、あれっと思ったことがあるということでした。

しかし、何の問題もなく給湯はできているし、漏れている水はきれいな水だから、上水道が怪しくもあります。しかし、はっきりここという場所もわからないので、第一ステップとして、エコキュートのメーカーの人に今日来てもらいました。

メーカーの人は、一通り点検して、エコキュートに問題はなく、水漏れもないということで、やはり上水道だということでした。それで、一緒に外の水道メーターの栓を見たら動いており、栓を止めると水漏れは止まりました。ここから先はできないということでしたが、水道検針票に書いてある番号に電話して紹介してもらったらとのアドバイスをいただくことができました。しかも、今回は何も直したわけではないのでと、無料で良いと親切な答が返ってきました。

さて、家にマグネットの水道屋の電話番号はたくさんありますが、選べないのでアドバイス通り、検針票からまず市の水道営業所へ。そして、そこで紹介してもらった水道協同組合へTEL。そして、事情を話したら、数分後に近くの業者さんから連絡が入りました。説明すると、今すぐ行きますということで5分後には来てくれました。まさに地元の業者で家からすぐの業者さんですが、全く知りませんでした。

とても親切そうなわりと高齢の方と、若い技術者の方の二人で、原因個所を特定するまでは二人で、わかってからは若い技術者の方が一人で、猛暑の中奮闘すること1時間ぐらいかけて、ようやく水は止まりました。作業中、年配の方とあれこれと会話し、いろいろ参考になりました。

今回の水漏れは、お風呂場に行く水道管の一部が地面に露出していて摩耗したのが原因のようでした。もともと、そこの養生が足りないような施工であったという所見。多少丈夫なものに取り換えてもらえたのではと思います。

相場を知らないので、何とも言えませんが、近くの業者さんなので、ほどほど価格でやってもらえたのかな?

あと冷や汗ものは、一体どのくらい水漏れしたのか?ですが、メーター検針票から今度の検針まであと15日ありますが、すでにいつもの使用量より10㎥オーバーしています。アドバイスどおり、今回の水漏れと修復のことを、水道局に伝えておきました。場合によってはいつもの使用量に減額してもらえるかもしれないということでしたので。

 

近頃、パソコンに向かうことが少なくなりました。

ワード、エクセルの文書作成と、パソコンメールの文書添付の送信が主になり、インターネット検索、メールのチェック、画像の編集などは、スマホの方が、速いスピードで、どこにいてもできるのでそちらを利用するようになったからです。

おまけに、以前はパソコンを使うついでにパソコンゲームにもはまったりしていましたが、そちらもスマホからのラインゲームがとってかわりました。そんなわけで、現在はスマホ依存状態の後期というところです。

しかし、ブログアップに関しては、スマホからはやりにくく、結果ついつい滞ってしまいます。ブログを見たり、チェックしたりはスマホからすぐにできるので、大概そこで終わってしまいます。

簡単なつぶやきのツイッターは、肝心の写真投稿が既存のものがうまくできなくなり、仕方なくラインのタイムラインの方へ。こちらは実名ゾーンなので、パソコンブログとはつながりません。

この7月は、世の中的には参議員選挙で始まり、東京都知事選挙で終わったという感じですが、1つは参加1つは見物という状況ながら、開票速報、投票が終了した午後8時に、出口調査でもう結果があらかたわかるというのがいつもながら面白くもあります。どちらも池上さんのチャンネルを楽しみました。

image  image 1ヵ月前

私の7月はというと、夏風景を楽しみながら、孫への小物洋裁、何個目かの牛乳パックの椅子製作、色のデザイン、自分のエプロンづくり、会の料理教室参加と中々、実践的なことが色々できました。

実践的なことといえば、もう1つ、会で話題になりやりはじめた「布巾の煮洗い」。2リットルの水に粉せっけん小さじ2を入れ、布巾5,6枚を入れ3分煮た後、10分放置し、洗って干す。これを実践し始めてから、台所が気持ちよくなってきました。

夏なので、手作り梅ジュース、しそジュースが常備されています。また、今年は、畑をやっている方からの夏野菜の到来物に恵まれ、キュウリのお漬物2種類を覚えました。

明日からは8月でいよいよ夏本番です。

我が家の今年の裏庭(玄関の反対側にあるだけでふつうの猫の額)事情。春に、カミキリムシにやられたイチジクは大幅に剪定したので、地面を這う感じに葉が広がっています。月桂樹の変な虫は、今年はずいぶん減り、やや元気に。ガクアジサイは今年も拡大中。

そんな中、雑草のような風貌の2本の野の百合に蕾がつきました。もう数日できれいな花を咲かせてくれることでしょう。

image image

今回も、日曜日の朝、行くことが決まりました。割と近い場所なので、12時に出発して、夕方の5時に帰宅という予定で。

相模原公園は県立ですが、隣接して市立の相模原麻溝公園というのがあり、かなり広いスペースになっています。かれこれ20年以上前くらいに家族で訪れたことがあり、その後さらに整備されたようです。まあ私の記憶の中には、一角で四葉ののクローバーを探した記憶ぐらいしかなく、全く忘れてしまった場所なのですが。

相模原公園エリアのはずれにある駐車場に止め、ウオーキングも兼ねて森を通り過ぎ、公園ゾーンに入っていきました。途中、ギオンスタジアムという競技場があり、若い軍団とすれちがいました。

花菖蒲園を越えて公園ゾーンへ。広い芝生が広がり周囲に散策路がありました。ちょっと昭和公園に似てると思いましたが、ここの特徴は、いろいろな庭園を再現していることです。洋風の庭だけかと思っていましたが、日本の家並みと庭や日本の庭園もありました。広い芝生の片隅には子どもが喜ぶ基地のような建物もありました。

image image

相模原公園のパンフレットの表には、「欧風都市公園で過ごす一日」とあり、それはフランス式庭園ゾーンのことで、ここはなかなか立派な庭で、様式だけなら大阪の天王寺公園に似てると思いましたが、歩いてみてその広さは倍以上とわかりました。そして、何より素晴らしいと思ったのは、メタセコイアの並木道です。私の住む市の公園にもメタセコイアの並木道がありますが、ここのは幹も太く大きく葉っぱの茂り具合も見事でした。また、ここの庭園は谷になっている地形を利用して作られていて、メタセコイアの並木道の上の道もあるという楽しさがありました。

image

さて、そこから温室と、その向こう麻溝公園の方に高い展望塔が見えます。

温室の館はサカタのタネグリーンハウスで、建物2階からもフランス式庭園がパノラマ式に眺められました。

image

麻溝公園の方へは、りりちゃんばしという可愛い名前の橋でつながっています。

展望塔へ向かう途中、ようやく目的のアジサイが見えてきました。そして、アスレチックの遊具が連なる場所を見た途端、私の記憶がようやく呼び覚まされ、その外周にまだ枯れずにいるアジサイの路が続いていました。

image

image

梅雨に入ったものの、まだ過ごしやすい晴れの日曜日、どういうわけかここ1年で一番遅い目覚めをしました。何も外出の予定がなかったので、スマホの目覚ましを設定していなかったこともありましたが、平日なら朝ドラが終わっている時間でしたので、やってしまった感漂う朝でした。

まあ、しかし急ぐ予定はないので気を取り直し、そこからの始動で、9時には朝食を始めることができました。Eテレ、「円空」の木彫りの仏像などを見ながら優雅に朝食が終わる頃、夫が「東京おもちゃショーに行きたい」と言ったことから、今日の新しいページがスタートしました。朝家事を30分で終え、10時15分に出発。

東京ビッグサイトには、新橋からモノレール「ゆりかもめ」に乗り12時20分に最寄り駅の「国際展示場正門前」に到着しました。

image

ビッグサイトには、ブックフェアなど何回か来たことがありましたが、おもちゃショーは今回が初めて。検索によるともう何年も前から毎年行われているようです。

image

イメージとしては、最先端のおもちゃが紹介される場かと思っていきましたが、一口に言って、おもちゃの祭典という印象です。会場は西1階と、4階の広大な場所に、著名なおもちゃメーカーから小さいところまでスペースをとって趣向を凝らしながら、展示、実演、体験コーナー、紹介などが繰り広げられ、1回500円のくじなどもあちこちあり、当たりの鐘が鳴ったりします。大規模なショーのコーナーもありました。

image  image

ゆっくり、端から回っていき、シルバニアのところで試しにやってみたくじでは思いがけず鐘が鳴りました。やや気分が上がり、次に立ち寄ったローヤルでは、タグをつけて、感想と写真をツイッター投稿し、ままごとの切れるモモをゲットしました。

という具合に、参加して楽しみ、思いがけないおもちゃが手に入り、かわい記念撮影もあちこちできるので、子ども連れのファミリーが集まるわけです。少子化の時代ですが、おびただしい数のベビーカーが並び、子どもであふれていました。

エスカレーターで4階に上がり、一回りした後、バンダイのコーナーに入るのには30分以上の長蛇の列ができていました。パッと見には5分くらいに見えるその列は、途中から果てしなく迂回して・・・。

image image

おもちゃへのワクワク感も年とともに変化すると言ってしまっては寂しい限りですが、夢あり創造の翼を広げて楽しんでいたころを思い出しつつ、孫へのお土産を手に退出しました。

image

 

開園6年目を迎えた花菜ガーデンは、昨年ぐらいから植物が成長して、充実してきています。ことに、原種から時代を追ってみられるように配置された薔薇については、年々見事な感じになってきました。

image

今年もローズフェスティバルが始まり、今日はサポーター活動で花菜ガーデンに行きましたが、お天気が良かったこともあり、朝から人がどんどん訪れ、車は左折でしか入れないように誘導され、外周に行列ができ始めていました。また、観光バスは6台くる予定ということでした。

 

imageそんな人で賑わう日のサポーター活動は、外の看板下の花壇とエントランス横の花壇の花柄摘み。看板下には、キンギョソウとデージーと勿忘草ともう一つ。勿忘草がこんな花とは初めて知りました。花言葉「私を忘れないで」に納得です。

 

ローズフェスティバルは今まで何回か見たことがありましたが、今見ないでいつ見るの?という感じに咲いているという言葉に惹かれ、帰りに見て回りました。

確かに、見事なボリュームで咲き乱れていました。白も紫も黄色もみんな素敵ですが、一番好きなのはオレンジ色の、バラらしい花弁のバラ。

バラの品種の多さに驚かされつつ、昔よく見かけた私のイメージするバラ、それを探していつも見るのですが、私の思い出の中にあるバラはまだ見つかりません。

image image

image

image

帰り際に、バラのコンテストが行われていたので、その中で一番私の好みのイメージに近いバラに投票して帰りました。

 

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。